離れ乳の原因は生活習慣の中にあり!上向きバストへの近道とは

離れ乳の原因は生活習慣の中にあり!上向きバストへの近道とは

 

バストの悩みには大きさに関するものが多いですが、実はバストの形で悩んでいる方はたくさんいます。

 

特に多いのが離れ乳です。バストが左右に離れた状態の離れ乳は、見た目の印象に大きく関わっています。離れ乳を改善すれば、ダイエットしなくてもボディラインがスッキリ見える嬉しい効果があるんです!

 

今回は、日常生活に潜んでいる離れ乳を作る原因から、簡単にできる離れ乳対策まで解説します。

 

離れ乳ってどんな状態?

離れ乳セルフチェックの方法

鏡で胸をチェックしてみましょう。左右の胸が外側に向かっているように離れている状態が、離れ乳です。

 

鎖骨の中心から左右のバストトップを線で結ぶようにイメージしてみてください。

 

もし、この三つの点を結んだ線で正三角形ができるなら、理想的な美しいバストの状態です。

 

正三角形ではなく、底辺が長い三角形または二等辺三角形なら、離れ乳の状態になっています。

 

離れ乳が見た目に与える影響とは?

後ろ姿が太って見える

離れ乳になると、ブラジャーから背中のお肉が盛り上がりやすくなるため、後ろ姿が太って見えるのです。

 

老けて見える

意外かもしれませんが、離れ乳は年齢を高く見せる原因の一つでもあります。

 

バストが離れると下向きになるのですが、バストが下向きになるとだらんと全身がたるんだように見えるのです。

 

胸が小さく見える

バストサイズは変わっていないのに胸が小さく見える、という人は離れ乳の可能性があります。

 

離れ乳になると、バスト全体のハリがたるみ、サイズが小さくなったように見えるのです。

離れ乳は自分で改善できるものなの?

離れ乳のセルフチェックをして、自分が離れ乳であることに気がついた方、あきらめるのは早いですよ!

 

現時点で離れ乳でも、離れ乳は自分で改善できます。離れ乳を改善するためには、離れ乳の原因を知ることが近道です。

 

離れ乳の原因は、普段何気なく行っていることや習慣に潜んでいます。

 

また、現在はバストが整っている人でも、原因を知らないといつのまにか離れ乳になってしまう可能性もあるので、原因をしっかりチェックしてくださいね。

離れ乳を作る身近な原因とは

離れ乳を作る原因は四つ、そして四つとも生活習慣に潜んでいるものばかりなので、意識しないとどんどん離れ乳が進行してしまいます。

 

  • クーパー靭帯のダメージ
  • 大胸筋の衰え
  • 猫背
  • ブラジャーのサイズが合っていない
  • ノーブラ状態が多い

 

①美バストのカギ、クーパー靭帯のダメージ

クーパー靭帯、と聞いてもピンとこない人は多いかもしれません。

 

クーパー靭帯は、重たいバストを支える伸縮性のあるゴムのようなもので、無数のコラーゲン繊維の網目でできています。

 

バストは乳腺と脂肪でできているのですが、支えるものがなければ重力に負けて垂れ下がってしまうのです。

 

クーパー靭帯がバストを支えることで、ツンと上向きのバストがキープされます。

 

ハリのあるバストに欠かせないクーパー靭帯ですが、様々な原因で伸び縮みを繰り返し、ダメージを受けて切れてしまうのです。

 

クーパー靭帯が傷つく、切れる原因
  • 激しい運動
  • 思春期や妊娠、急激な体重増加によるバストの急激な成長
  • 加齢によるコラーゲン繊維の劣化や減少
  • 寝るときにナイトブラを着けない
  • 恋人とのスキンシップで受けるバストへのダメージ
  • 猫背

 

中には、離れ乳を作る原因と同じものもありますよね。

 

つまり、クーパー靭帯のダメージが離れ乳を作る主な原因になります。

 

一度ダメージを受け、切れたクーパー靭帯は元に戻らないため、クーパー靭帯をこれ以上傷つけないことが離れ乳を防ぐ重要なポイントなのです。

 

②バストの土台、大胸筋が衰える

クーパー靭帯と同じように、バストを支えているのが大胸筋です。

 

大胸筋はバストの奥深くにある筋肉で、大胸筋の筋力が強いとバストを支える力も強くなり、離れ乳や垂れ乳になりにくくなります。

 

運動不足の人は特に筋力が弱くなり、バストを支える力が弱くなって離れ乳や垂れ乳になりやすくなるので要注意です。

 

③スタイルが悪く見える原因にもなる猫背

猫背になるとバストが下向きになり、下向きの状態が続くと、バストを支えているクーパー靭帯に負担がかかります。

 

また、猫背になると大胸筋に力が入らないため、大胸筋の筋力が弱くなります。

 

つまり、猫背はバストを支える二つの部位が衰える原因を作る厄介な習慣なのです。

 

④サイズの合わないブラジャーも離れ乳の原因

サイズの合わないブラジャーは、背中の肉を胸の方に流したり、胸を圧迫して形を崩したりと、離れ乳や垂れ乳の原因を作ります。

 

バストサイズは生まれてから死ぬまでずっと同じ、というわけではないので、新しいブラジャーを買うときには、できるだけバストのサイズを測り直すのが正解です。

 

サイズの合わないブラジャーをつけていないか、以下の点をチェックしてみてください。

 

  • バストの下ラインがブラにフィットしない
  • ブラジャーが体に食い込んで苦しい
  • ブラジャーのストラップが肩から落ちる
  • ブラジャーのカップ部分が胸にフィットせず、へこみやすい
  • バストのサイズを何年も測っていない

 

⑤ノーブラ状態が多い人も要注意

ブラをつけるのは苦しいから、とノーブラで過ごすことが多いと、離れ乳や垂れ乳になりやすくなります。

 

ブラジャーはバストの形を正しい位置にキープするためのアイテムなので、ノーブラ状態が続くということは、バストが正しい位置からずれた状態が続くというとです。

 

また、ブラジャーにはバストを支える役割もありますが、ノーブラだとバストを支えるのはクーパー靭帯と大胸筋のみなので、それぞれに負担がかかってしまいます。

 

寝るときにノーブラ、という人も要注意ですよ!ブラをつけずに寝るのは楽で良いのですが、バストが本来の位置に固定されずに左右に流れ、離れ乳になりやすくなるのです。

今日から始める!離れ乳対策6つの方法

今日から始める!離れ乳対策6つの方法

 

①正しいサイズのブラジャーを着ける

サイズの合わないブラジャーは卒業して、サイズの合うブラジャーを購入しましょう。

 

合わないブラジャーを着用し続けると、離れ乳や垂れ乳の状態が進行しますし、姿勢が崩れて全身のスタイルも悪く見えますよ。

 

ブラジャーを購入する前に、専門店でスタッフの方にバストサイズを測ってもらってください。

 

そのまま専門店でブラジャーを購入すれば安心ですね。

 

ネットでブラジャーを購入する、という方も、できれば自分で測るのではなく専門店のスタッフさんに測ってもらいましょう。

 

自分で測るとサイズが間違いやすいですし、意外とバストを測るのって難しいんですよね。

 

②バストを支えやすいブラを着ける

サイズ選びと共に大切なのが、ブラのタイプです。離れ乳対策には、バストを定位置でキープして支える効果の高い「フルカップブラ」と、「4分の3カップブラ」がおすすめです。

 

フルカップブラ

見た目はあまりおしゃれではありませんが、バストをホールドする効果はブラのタイプの中で特に優れています。

 

バストを全方位から安定した力で支え、離れ乳はもちろん垂れ乳予防にも効果的です。胸が大きい人向けのものが多いので、胸が小さい人は「トライアングルブラ」を使うと良いでしょう。

 

4分の3カップブラ

脇部分をしっかりと支え、バストの中心が開いて見えるようなデザインになっています。

 

離れ乳をキュッと中心に寄せる効果があり、離れ乳によって後ろ姿が太って見えたり、全身だらんとスタイルが悪く見えるのを防げます。

 

特別な日は4分の3カップブラ、普段はフルカップまたはトライアングルブラ、と使い分けると良いでしょう。

 

③ナイトブラをつけて眠る

ナイトブラは、眠っている間のバストの崩れを防ぎ、離れ乳や垂れ乳を防ぐ効果が期待できます。

 

夜眠っているときにブラをつけると寝心地が悪くなる、という方でも、ナイトブラは締め付け感がなくストレスなく着けられるので、すぐに慣れますよ!ナイトブラの効果で、眠っている間に左右にバストが流れるのを防ぎ、クーパー靭帯のダメージ予防にもなります。

 

ナイトブラは、動き回る就寝中のバストを全方向から支えてくれるのが基本的な役割。

 

姿勢によって形を変えるバストを、適切な位置になるようサポートしてくれるというわけです。

 

育乳学から引用

 

ナイトブラの中には、スポブラとしても使えるものがあるので、運動習慣がある方は運動中も使えるタイプのナイトブラを選びましょう。

 

おすすめナイトブラ!PG Bra

 

  • バストアップ専門サロンプロデュースのナイトブラ
  • 関西コレクションに出展するほどおしゃれなデザイン
  • 特殊構造で離れ乳も瞬間ボリュームアップ!

 

新宿、恵比寿、表参道、大阪梅田と4店舗構える有名バストアップ専門サロン「p-Grandi」が開発したナイトブラです。

 

特殊構造のブラが脇からバストを寄せ、離れ乳でもキレイな谷間のあるバストに整えます。寝返りをしても崩れないホールド力と、背中のラインをスッキリ整える効果がありながら、締め付け感がなく着心地もバッチリです。レースがあしらわれたおしゃれなデザインなので、人に見られても恥ずかしくありませんね。

 

④マッサージでたるみをケアする

クーパー靭帯が伸びたり、大胸筋の筋力が低下してバストがたるむと離れ乳になりやすくなります。

 

バストマッサージをすることで、たるみを少しずつ引き上げたり、左右に流れた胸や背中の肉を引き寄せ、離れ乳をケアしましょう。バストマッサージの方法ですが、バストマッサージに使うバストアップクリームのメーカーが推奨する方法で行うのがおすすめです。

 

バストアップクリームには、バストケアに効果的な成分が含まれていますし、クリームのテクスチャーでマッサージ時に起こる摩擦を防げます。自己流、また根拠がわからないマッサージ方法を参考にすると、バストが崩れてしまう可能性があるので要注意です。

 

おすすめバストアップクリーム、グラマラス美神

 

  • バストアップ専門サロンのエステティシャンが開発
  • バストアップ有効成分を配合(ボルフィリン、アディリン、ディクティオプテリスオイル)
  • 専門スタッフがバストケアの悩みにお答えするカスタマーサポートあり

 

バストアップ実績の高い専門サロン「p-Grandi」エステティシャンが開発したサロン仕様のバストアップクリームです。

 

バストマッサージで離れ乳対策をしながら、配合された有効成分でバストアップも期待できます。

 

バストはもちろん、お尻、脚のマッサージにも使えて便利ですよ!専門エステティシャンが開発、という安心感もポイントが高いですよね。

 

◆育乳のプロが教えるホームケアマッサージSTEP3

 

【STEP1】さくらんぼ大を手に取る:鎖骨のくぼみ部分を体の中心から外側に向かってマッサージします。
【STEP2】くるくる優しくマッサージ:脇から正面に向かって、両手でバストを持ってくるようにマッサージします。
【STEP3】リンパを流す:脇→下→内側→上へと円を描くようにマッサージします。

 

prtimes.jpから引用

 

⑤マッサージやストレッチで筋力サポート

大胸筋は鍛えて筋力を高める方法もありますが、おすすめは運動不足の方も行いやすいマッサージやストレッチです。マッサージやストレッチで筋肉の緊張をほぐすと、筋肉が動かしやすくなって筋肉に負担がかかりにくくなります。

 

特に離れ乳に効果的なのが、胸の脇にある「前鋸筋(ぜんきょきん)」という筋肉のほぐしです。この筋肉が緊張している状態が続くと、胸が脇の方に引っ張られて垂れ乳になりやすくなります。マッサージやストレッチでピンポイントにほぐしましょう。肩こりにも効果的ですよ!

 

前鋸筋マッサージの方法

 

動画内では、前鋸筋がどこの部分か、という詳しい解説もされています。筆者も実際にやってみましたが、肩がスッキリしました!筋肉がこっていたからか、手を脇の下の筋肉にグッと入れたとき地味に痛かったです......。

 

大胸筋ストレッチの方法

 

腰で両手を組んで、胸を少しずつ開くようにして大胸筋をストレッチする方法です。背中の筋肉も伸びて、猫背の筆者にはかなり気持ちよかったです!お風呂上がりや、寝起きに行って、寝ている間にこり固まった筋肉をほぐすと良いでしょう。

 

このような筋肉のマッサージやストレッチは、離れ乳に直接的に効果があるものではないので、すぐに離れ乳が改善するというわけではありません。ナイトブラや正しいブラジャーの着用、バストマッサージなど、他の方法も合わせてコツコツ続けて行うと効果的ですよ!

 

⑥猫背に効果的なヨガポーズを習慣に行う

 

猫背の矯正方法は色々ありますが、特におすすめなのがヨガのポーズです。

 

猫背が矯正されると、離れ乳対策はもちろん、ヒップアップにも効果があり、全身がスタイルアップしたように見えますよ!ヨガポーズは1、2分でできるポーズが多く、深い呼吸をしながら行うので、気持ちもスッキリします。

離れ乳対策は原因を知ることから始めよう

離れ乳は服を脱がなければわからない、と思いきや、全身の印象を大きく左右する厄介な存在です。

 

服を着ていても、離れ乳だと背中が太って見えたり、貧乳に見えたりと、ボディラインにマイナスな影響を与えます。離れ乳の原因は、何気なく行っている習慣の中に潜んでいるので、原因を知って習慣を見直すだけでも、離れ乳対策に効果的です。

 

まずは、離れ乳の原因を生み出す習慣がないかチェックして、マッサージやストレッチなど、できることから対策を始めてみてください!